新感覚映像派の鬼才ミシェル・ゴンドリー監督 最新3Dバディ・アクション!

 ブンブン行くぜ!

『グリーン・ホーネット』

ロスの夜に出没する“グリーン・ホーネット”

その正体は  悪を装い、悪を刺す・・

“ダメな2代目社長とイケてるおかかえ運転手”コンビだった!


幼くして母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられたブリット・リードは、その反動か、絵に描いたような放蕩息子ぶり。
ところが、父が蜂に刺され死に、突然社長の座についたブリットは、父の運転手カトーとともに、正義に目覚め、ロスの街を一掃する決心をする。
カトーは、実は天才発明家で、秘密裏に父と数々のハイテクマシンを発明していた。彼の発明の最高峰、ハイテク装置満載の愛車《ブラック・ビューティー》を駆って、二人は全身をグリーンのスーツとマスクに包み、自分たちを“グリーン・ホーネット”(緑の蜂)と命名。

ワルのほうがワルには近づきやすいと考えたブリットは、才色兼備でジャーナリスト志望の秘書レノアのマスコミ操作力を借り、自らの新聞社の記事で“グリーン・ホーネット”を新たなワルとして盛り立てつつ、ロスの悪党どもを斬っていく。

そんなとき、父の急死に暗黒街の王ベンジャミン・チャドノフスキーが絡んでいることを知ったブリットとカトーは、警察、検察、新聞社、暗黒街すべてを欺く大死闘に立ち上がる!

 

主演のブリット・リードには、アメリカで国民的人気を誇るコメディスター、セス・ローゲン。かつてブルース・リーが演じた相棒カトーには台湾出身のジェイ・チョウ。秘書レノア役にはキャメロン・ディアスが華を添える。そして、暗黒街の黒幕ベンジャミンには、『イングロリアス・バスターズ』でアカデミー賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ。

『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』『僕らのミライへ逆回転』など、唯一無二の世界観で常にファンを魅了し続けるミシェル・ゴンドリー監督が、初の3D超大作に挑戦。≪カトービジョン≫なるカトーの脳内が映し出される3D映像は、ゴンドリー監督ならでは。

異色の豪華キャストが鬼才監督のもとに集結し、これまで誰も想像したことのない新たなる3Dバディ・アクションがここに誕生した!!



ダメな2代目社長/ブリット・リード(セス・ローゲン)

急死した父親の跡を継ぐことになった大手新聞社デイリー・センチネルのダメ社長。相棒のカトーとともに、ヒーローユニット、グリーン・ホーネットを組み、悪を倒す!「コーヒー・アートが施されたコーヒーしか飲まない。」「落ち込んだ時は子供向けテレビアニメに逃げ込む」など、ダメな奴。

 

イケてるおかかえ運転手/カトー(ジェイ・チョウ)

ブリットのとても優秀な相棒。ブリットに父親の秘密を伝え、ともにグリーン・ホーネットとなる。素顔は謎に包まれているが、車から武器までサクッと作っちゃう天才発明家であり、めちゃくちゃ強い武術の達人。涼しい顔したイケてる奴

 

美人秘書/レノア(キャメロン・ディアス)

 ブリットの才色兼備な秘書。知らず知らずのうちにグリーン・ホーネットの手助けをすることになる。ブリットとカトーの二人から言い寄られて少し困っている。

 

LAの街の黒幕/チュドノフスキー(クリストフ・ヴァルツ)

 街のギャング団のボス。悪人のフリをして目立っているグリーン・ホーネットを潰しにかかる。政治家とも手を組んで悪さをしているらしい。

 

究極のハイテク・カー/ブラック・ビューティー

カトーの天才的発明能力のおかげで誕生した破壊不可能な“走る要塞”。みかけはレトロなクラッシク・カーだが、軍事兵器に匹敵する射撃力を持つ。



 
2011年1月22日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!!

 


映画に関する素材、文章の権利は配給(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントにございます。
C)ジェイチョウファンクラブ2008-2010(周杰倫国際後援会)
template by フリーテンプレート配布IFD